⇒ トップページです ■■ 西川ローズ ■■ ⇒ プロフィールですtelier ⇒ 独り言 と 家づくりの記録ですlog ⇒ いつも考えていることですoncept ⇒ 作品ですesign ⇒ お問い合わせは、こちらまでお願いしますmail


⇒福井市都市景観賞 ⇒西川ローズ株式会社 ⇒五個荘の家 ⇒愛犬と暮らす ビフォーアフター ⇒立方体の家 ⇒日本建築家協会優秀建築選2005 ⇒日本建築家協会優秀建築選2009 ⇒木造2階建て 二世帯住宅 ⇒日本建築家協会優秀建築選2007 ⇒建築家の自邸
スカラベ N . R 五個荘の家 B . A 奈良の家 乾御門の家 蛤御門の家 大徳寺の家 石部宿の家 鰻の寝床

  この工場は、繊維、寝具関係を製造販売する企業の新規事業開発計画であり、第一期工事は、ゲストハウス棟、工場等、庭園の建築、第2期工事は、研究施設及び第2工場である。広大な自然の中での開発であるため単純な幾何学的秩序を導入して、自然と幾何学を対比させることでより自然を明確に抽出しようと試みた。 企業戦略として、見学者等、広く開放された工場.研究施設群とするためにゲストルームを中心に、見学者は、庭園を通って工場のエントランスに至る。工場内部は、長さ60Mのデッキによって、対面する庭園を見渡すことが可能になっている。 さらに内部階段によって2階に上がり、作業導線と交差することなしに、全体を回遊することができる計画となっている。 この庭園の存在は、イベント等にも利用することができ、さらに、社員の方のいやしの場としての空間利用も可能としている。 施設と敷地全体(自然風景)との視覚的調和を得るために敷地を、建築物のモジュールである3.3M*3.3Mのグリッドで分割し、建物を配置している。 また、ゲストハウスの屋根を曲面にすることで、工場等施設群の単調なスカイラインに変化を与え、寝具におけるやさしさのイメージにつながるように考えた。

■ DATA
敷地形状  間口200m × 奥行き200m 鉄筋コンクリート造 地上2階建て
法22条地域 住居地域
建築面積 6000㎡ 延床面積 30000㎡ 敷地面積 40000㎡